« 御挨拶 | トップページ | vol,2 ミステリーサークル »

vol,1 ミステリーサークル

 ご存知とは思いますが、ミステリーサークルは穀物を円形状に倒して描かれた不思議な図形のことです。
 その美しい幾何学模様と、そこに秘められた様々な謎は、人々の好奇心をくすぐります。
 イギリスを始め世界各国で発見されており、英語ではクロップサークル(Crop circle)と言います。


 最初のミステリーサークルが発見されたのは1678年のこと。
 ハートフォードシャーの畑に突如姿を現したサークルは、悪魔の仕業と考えられ、『草刈デビル』と呼ばれる悪魔が穀物を楕円形に薙ぎ倒していく様が、当時の版画にも残っています。

 1980年代には謎の現象として注目され、学者や専門家により様々な物議を醸しました。

 そして1990年、7月13日の金曜日。イギリスのウィルトシャー州ピューゼー渓谷のオールト・バーンズで、これまでで最も注目を集めたと思われるミステリー・サークルが出現します。
 この日は、世界中から物理学者と気象学者が参加してオックスフォードで学術会議が開かれた日でもあり、その席で、ミステリーサークルは新種ではあるが理にかなった気象現象であると結論づけられました。
 当時のミステリーサークルは、単純な円を基準としたシンプルなものばかりだったのです。
 しかしその日現れたものは、それまでとは比べものにならないほど複雑なものだったのです。それはどう見ても自然現象では有り得ないものでした。
 いわゆるスーパー・ミステリー・サークルの登場です。




ミステリーサークルとは何なのか?

 UFOの着陸跡であるとする説、宇宙人からの何らかのメッセージであるとする説、プラズマによる自然現象であるとする説、某国の新型軍事兵器の実験によって出来たものであるとする説、様々な仮説が考えられました。

 そして、現在もっとも有力とされるのが、人間の手によるイタズラ説です。

 しかしミステリーサークルには、イタズラ説では説明出来ないような、不可解なデータもあります。

 それこそが、ミステリーサークルが時代を越えて人々の関心を集める要因となっているのです。



●サークル内の作物が、折れずに曲がっている。
 ミステリーサークルは麦畑の麦などを垂直に倒して描かれているが、根元は折れずに曲がっていた。それらはしばしば三つ編み状に織り込まれている。麦はその後も成長を続け、収穫も出来る。



●サークル内の作物から、組織の異常が確認された。
 生物物理学者のW.C.レーベングッド氏は、世界中のミステリーサークルから採取した植物の細胞の変化について研究してきた。彼は高い可能性のパラメータの範囲内で、ある種のマイクロ波エネルギーがサークルの生成過程の構成要素であることを特定した。これは、植物が電磁波を受けた可能性を示唆しており、電子レンジを用いることにより近い状態を再現出来ると言う。



●サークルが一夜にして出現した。
 前日には何も無かった場所に、翌朝、ミステリーサークルが忽然と姿を現した。夜の暗闇の中で、人間にそのような大掛かりなサークルを作ることが出来るだろうか?
 更に、それが一瞬にして現れたと言う証言もある。



●ハエが作物に付いたまま死んでいた。
 サークル内の倒れた麦に、ハエがしがみ付いたまま死んでいた。



●人の足跡がない。
 サークルの周りには、人が近付いたような足跡がなかった。



 そして、ミステリーサークルは世界各国に現れ続け、その形は年々複雑さを増していきます。
 そんな最中、1991年9月、英国の『トゥデイ』と言う新聞の一面に、驚くべき記事が掲載されます。
 それによると、全てのミステリーサークルは、ダグ・バウアーデヴィッド・コーリーというイギリス人画家二人組みが作ったと言うのです。

 しかしサークルは、イギリスを中心に何千と発見されています。それらを全て彼ら二人が作ったと言うのは信じ難い話です。
 更に、小麦には細胞レヴェルでの異常も確認されており、茎が曲がったり肥大したりしています。

 確かに数あるサークルの中には、専門家から偽物であると断定されたものもあり、これらは明らかに人の手によるもので、彼らのような偽サークルメイカーが存在することも事実でしょう。

 ただ、それで全てが説明出来るかと言えば、疑問も残ります。

 やはり、ミステリーサークルは宇宙人によって作られたものなのでしょうか?

 みなさんはどう思いますか?

 次週は、そういった残された謎について、検証していきたいと思います。

|

« 御挨拶 | トップページ | vol,2 ミステリーサークル »

ミステリーサークル」カテゴリの記事

コメント

不思議話
大好物です

そぅだょね
前にテレビで二人組が作って見せてたの見たょ

だからそれからは
てっきり全部偽物だと

謎が残されてたんだねー
良かった(>∇<)

投稿: ちゃこ | 2007年5月31日 (木) 23:56

ちゃこさんへ

そうですね。
菻もそれテレビで見ましたよ!
あれはショッキングでしたねー
||||(゚□゚;)ガーン

その後もミステリーサークルは世界各地で見つかっていますが、ほとんど話題に上らなくなりました。
世間では既にイタズラ説で片付けられてしまったのが現状のようですね。
寂しい限りです。

でも、未知の可能性も信じたいですね。
o(^o^)o

投稿: 菻千夜 | 2007年6月 1日 (金) 22:58

私は昔からずっと宇宙人の仕業と思ってますよ。
なにかメッセージを伝えてるんだろうと思ってます。
当然、それが何なのかはわかるはずはないですが~…
1つが嘘やいたずらでも、すべてがそうだとは限らないですからね~

投稿: 瑠嘩 | 2007年6月 2日 (土) 22:27

瑠嘩さんへ

宇宙人説☆
(*^O^)b

菻もその説が一番好きです♪

しかしイタズラでミステリーサークルが作られているのも事実なんですよね。
次回はこのイタズラ説について、深くメスを入れてみたいと思っております。

投稿: 菻千夜 | 2007年6月 2日 (土) 23:41

ミステリ・サークル・・あんまり知らなかったのですが・・。あのピアノマンでっちあげの国、イギリスの事だから、ミステリーサークルも手作りかな?と思ってたのですが(;^_^Aもしくは冗談でやってる内に本当に宇宙人が来てしまってあせってるとか

そういう科学的な証拠があったんですね。ナスカの地上絵とかの謎ともつながってるのかな?(^O^)               謎は深まるばかりね・・ 葛城ミサト                   ちなみに青森出身の子は家の前が一面たんぼで、いつかここにユーフォーが降りてきて私はさらわれちゃうんだって、毎日怯えてたそうです。もちろんそんな事はなくて元気にしてます
(笑)         サイトに来てくださってありがとうございます(^O^)あとで鍵をポストにいれに行きますね♪

投稿: ゆうの | 2007年6月 5日 (火) 13:48

ゆうのさんへ

ピアノマン!
あれは一体なんだったんでしょうね。
保護された男が最初に書いたピアノの絵と、自閉症っぽいイメージから、映画『シャイン』の主人公のようにマスコミに奉り上げられたのでしょうか。

ミステリーサークルも、科学的に『人間が作ったものではない』と確証されたわけではありません。
むしろ『でっち上げ説』の方が浸透しているんですけどね。まだ、謎は謎のままなのです。

ナスカの地上絵とも、もしかしたら関連があるかもしれませんね!

菻も子供の頃は、いつか宇宙人にさらわれてしまうんじゃないかと心配しておりました。
(^^;)

カギありがとうございます♪
またのお越しをお待ちしております☆

投稿: 菻千夜 | 2007年6月 6日 (水) 17:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409900/6590855

この記事へのトラックバック一覧です: vol,1 ミステリーサークル:

« 御挨拶 | トップページ | vol,2 ミステリーサークル »